PICK UP!

  • 矢川駅9分
  • 52,500万円
  • 構造:RC造
  • 築年:平成7年8月築
利回り 6.3%

東急目黒線沿線の不動産投資市況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東急目黒線は、目黒駅から日吉駅まで13駅を結ぶ路線です。
東京都の目黒区から世田谷区、神奈川県川崎市中原区と住宅街を走っており、沿線の人々の生活の足として使われています。全長は11.9kmと短めですが、沿線には高等学校や大学などの教育施設、歴史のある神社仏閣、緑豊かな公園などの施設も多く、落ち着いた町並みが広がっています。
すぐ側に東京工業大学の広大なキャンパスがあり学生街としての顔も持つ大岡山駅、東京を代表する高級住宅街に位置する田園調布駅、周辺では商業施設とタワーマンションの建設が急ピッチで進み、子育て世代が増加中の武蔵小杉駅などが有名です。

接続については、目黒駅からは東京メトロ南北線、都営三田線に直通運転が行われており、日吉駅からは横浜市営地下鉄グリーンラインへの乗り換えが可能です。 2019年4月には相鉄線との相互直通運転が開始予定で、開通すれば新横浜駅へ乗り換えなしで行けるようになります。またターミナル駅・武蔵小杉駅は、JR横須賀線や東急東横線など13路線が乗り入れています。

東急目黒線沿線の概要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東急目黒線は、都心へのアクセスが便利なわりに通勤時間帯でも混雑が少ないこと、ほぼどの駅にも昔ながらの商店街があって生活の利便性が高いこと、似たような町並みを持つ東急東横線や田園都市線に比べて家賃相場が安めであることなどから、都心へ通勤する若い世代に隠れた人気があるエリアです。


目黒駅から2駅の武蔵小山駅周辺は、駅前には約250店舗が集まる商店街があり、区民ホールなどを備えた文化施設「スクエア荏原 」、大きなジャブジャブ池もある「林試の森公園」、天然温泉「清水湯」などが揃う、1人でもファミリーでも暮らしやすい街です。プラットホームは地下なので駅周辺も広々としており、非常に静かな印象を受けます。
その2駅先の洗足駅は、駅前を通るイチョウ並木沿いに商店街が広がり、買い物がてら散歩するのにも最適。駅から徒歩5分ほどの「宮野古民家自然園」では、江戸時代から続く農家の屋敷林で四季の庭を楽しめます。


東急多摩川線に接続し、その始発駅でもある多摩川駅も、駅から徒歩5分の場所に「多摩川台公園」があり、春には約300本の桜が楽しめるなど自然がいっぱいです。駅西口で毎月2回開かれる多摩川マルシェでは、地元の農産物や手作り雑貨の販売店が並び、多くの人で賑わっています。
終点の日吉駅は、駅の上には専門店が集まる「日吉東急avenue 」、西口には商店街、東口には慶應義塾大学のキャンパスがあり、多くの学生が暮らしています。ただ最近では、治安の良さと暮らしやすさから社会人の居住者も増加傾向にあります。


東急目黒線沿線の開発計画

%e7%9b%ae%e9%bb%92%e7%b7%9a%e6%ad%a6%e8%94%b5%e5%b0%8f%e6%9d%89pixta_19057492_s

東急目黒線の不動産市況は、活発な開発が行われている目黒駅と武蔵小杉駅から大きな影響を受けていると考えられます。


目黒駅周辺は2012年に始まった駅前再開発事業(目黒駅前地区第一種市街地再開発事業)が最終段階です。東口の目の前にあった2.3haにも及ぶ広大な敷地に「樹齢と共に活きる街」をコンセプトにした、計920戸の超高層マンションとオフィス棟、低層の商業地区、緑化空間などからなる新しい街が誕生しつつあります(2017年12月に完成予定)。
元々は目黒駅を挟んで南北に「長者丸」と「花房山」の2つの高級住宅地があり、緑豊かな上品な街としてのブランドイメージがありますが、今回の再開発でさらに都心とは一線を画する環境のよい街というイメージが高まることでしょう。すでに再開発地区のマンションは完売しているようです。
その結果、周辺の地価上昇はもちろんですが、都心への回帰の流れの中で、隣駅の不動前や急行で1駅の武蔵小山などの住宅の需要が増え、資産価値が上昇することも十分ありそうです。


一方、武蔵小杉は約10年前から駅南側の再開発が進められ、以前の工業都市から一転、タワーマンションと大型ショッピング施設が立ち並ぶ住宅地へと変貌しました。数々の大型複合商業施設やベビーカーを押しても楽に通れる整備された道路などが揃ったきれいな町並みは子育て世代に大人気で、2016年の「みんなが選んだ住みたい街ランキング関東版(リクルート住まいカンパニー発表)」では4位となっています。 駅南側の開発は一段落しましたが、現在は駅の北側、新丸子駅の西側で「日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」として、病院の建て替えとツインタワーマンションの建設が計画されています。
同時に隣接する敷地には川崎市立の新設の小学校、3000平方メートルの公園も整備される予定で、子育て世代を意識した街作りは今後も続いていく見通しです。武蔵小杉の地価はすでにかなりの高水準ですが、この開発に伴い今は比較的価格の安い新丸子駅周辺の地価の上昇に波及することも考えられそうです。


東急目黒線沿線の賃料相場と不動産投資の指標

%e7%9b%ae%e9%bb%92%e7%b7%9a%e6%ad%a6%e8%94%b5%e5%b0%8f%e6%9d%89pixta_17653431_s

東急目黒線沿いの主要駅の賃料相場は下記のようになっています。
       ワンルーム   1DK   2DK   3LDK
目黒駅     12.29    12.93  13.61  49.17
武蔵小山駅   8.53     9.86  12.29  22.80
田園調布駅   7.16     9.21   ―   28.56
新丸子駅    6.91     8.12  10.59  17.85
武蔵小杉駅   7.13     8.35  10.50  20.05
日吉駅     6.64     8.00  9.51   16.21
(単位は万円・HOME’S調べ)


目黒駅と武蔵小杉駅近辺は現在進行形で開発が進んでいるだけに、売買のタイミングが重要になってきそうです。また、新丸子駅、日吉駅は注目度の割にはお手頃価格であると言えるでしょう。



【関連記事】
金融工学的評価計算
/financial/
効率性、安全性の検証により不動産価値の最大化を図ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加