PICK UP!

  • 神楽坂駅**分
  • 2****万円
  • 構造:RC造
  • 築年:**年**月
利回り 6.1%

  • 南浦和駅**分
  • 6***万円
  • 構造:W造
  • 築年:**年**月
利回り 10.1%

  • 三ノ輪駅8分
  • 12,000万円
  • 構造:S造
  • 築年:平成3年10月築
利回り 7.0%

コンサルタントインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長期投資vs短期投資ではなく、目的を実現するための長短ポートフォリオ投資を推奨する理由

最終更新日:2018年10月23日

長期投資vs短期投資ではなく、目的を実現するための長短ポートフォリオ投資を推奨する理由

書店やネットには「不動産投資は短期で稼ぐのが鉄則」のような言葉が並び、不動産投資では、短期投資か長期投資かによって、大きな違いがあるといわれます。それはどういう違いなのでしょうか?その鉄則は本当なのでしょうか?
今回はアセットマネジメントコンサルタントの細田が、長期投資と短期投資、それぞれのメリット・デメリットを解説し、その両方を合わせたポートフォリオ投資を推奨します。投資期間の違うポートフォリオを組んだ3人の投資家実例も紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。…続きを読む

「フルローンは難しい」と言われる意外な理由――投資家のフルローンニーズを阻んでいる正体は何か?

最終更新日:2017年09月05日

「フルローンは難しい」と言われる意外な理由――投資家のフルローンニーズを阻んでいる正体は何か?

近年、安全な資産運用法である不動産投資の人気が高まり、不動産投資を開始するサラリーマン投資家も増加の一途をたどっていると言われています。それを背景に、特に2016年2月の日銀のマイナス金利政策実施以降、「今こそ頭金ゼロで不動産投資を!」などのキャッチコピーで、フルローン(全額融資)利用の不動産投資を奨める広告も増えています。 個人投資家の間でも、低金利のメリットを十二分に生かせるフルローンへの関心が高まっていると言われます。ところが、こうした状況とは裏腹に、フルローンの融資審査が通ることはレアケースに近いとも言われています。その意外な理由と、フルローンの融資審査をパスできる秘訣を、当社の舟山が解説します。…続きを読む

「見えるリスク」だけで語れない不動産投資失敗の本当の理由

最終更新日:2018年10月16日

「見えるリスク」だけで語れない不動産投資失敗の本当の理由

不動産投資のリスクを挙げると、空室リスク、家賃下落リスク、金利上昇リスクなど10以上のさまざまなリスクを列挙することができます。そして、これらのリスクコントロールを見誤ることが不動産投資の失敗要因とも言われています。しかし、不動産投資の失敗要因はこれらのリスクだけなのでしょうか。
今回はアセットマネジメントコンサルタントの細田が、不動産投資で失敗する本当の理由について解説させていただきます。…続きを読む

なぜ個人投資家は不動産投資のリスクコントロールに失敗するのか?

最終更新日:2017年09月29日

なぜ個人投資家は不動産投資のリスクコントロールに失敗するのか?

投資にリスクは付き物です。「投資は自己責任で」と言われるゆえんです。
不動産投資に関してもさまざまなリスクが指摘されています。このため、不動産投資のリスク対策に関する論議も盛んで、リスク対策については多数の解説書が出版され、不動産投資関連のセミナーでも主要テーマの1つになっています。それでも「解説書とセミナーで十二分に不動産投資の何たるかを勉強し、リスク対策も万全だったはずなのに投資に失敗した」と言う個人投資家が後を絶ちません。
アクティスコーポレーションのコンサルタントとして現場で数多くの投資相談に対応しているアセットマネージャーの細田が、その理由について解説します。…続きを読む

不動産投資におけるアセットマネジメントの本質と役割

最終更新日:2017年09月29日

不動産投資におけるアセットマネジメントの本質と役割

不動産投資管理手法のアセットマネジメントは、米国から導入された経緯からか日本では解釈の幅が広く、不動産投資サービス会社によりその業務内容は千差万別の観すらあると言われます。このため、アセットマネジメントに対する誤解も多く、不動産投資を検討している個人投資家は「どの不動産投資サービス会社に相談すれば良いのか判断に迷う」とも言われています。
そこで今回は、誤解の多いアセットマネジメントの本質と役割を、不動産投資現場の視点から当社の舟山が解説します。 …続きを読む

「マイナス金利時代」の不動産投資対策――2020年までに今すべき投資戦略

最終更新日:2017年09月05日

「マイナス金利時代」の不動産投資対策――2020年までに今すべき投資戦略

2020年の東京五輪開催まであと4年。メディアではこのところ、東京五輪終了後の不動産投資市場を占う論議が活発化しつつあります。その中には「東京五輪開催までは都心の不動産価格は値上がりが続く。しかし終了後は値下がりに転じる」との論調も見られます。
「東京五輪開催まで」と「終了後」‥‥不動産投資市場はどのような動きが想定されるのでしょうか。
今回は不動産投資の現場で多くのクライアントをお手伝いしてきた弊社アセットマネジメントチームの小石が、今後の不動産市況動向について解説させていただきます。 …続きを読む

最終更新日:2017年09月05日

一棟マンション規模の不動産投資において考えておくべきたった2つの税金対策

「不動産投資は税金との戦いだ」と言われます。株式投資などと異なり、数千万円から数億円規模の巨額資金を中長期にわたって運用する不動産投資の場合、節税は投資回収や収益性に大きく影響してきます。 そこで今回は株式会社アクティスコーポレーション代表取締役の舟山勲社長に、不動産投資の実情に即した税金対策の在り方をお伺いしました。 …続きを読む

一般論の空室対策が効果を生まないたった1つの理由

最終更新日:2017年09月05日

一般論の空室対策が効果を生まないたった1つの理由

賃貸物件オーナーの悩みの1つが「空室対策」と言われています。そのせいか書店の不動産コーナーへ行けば空室対策のハウツー本がずらりと並び、空室対策セミナーも毎週のように都心のどこかで開催されている盛況ぶりです。
ところが、これらの本やセミナーで空室対策を勉強しても、空室率を下げたり満室にしたりできるケースは稀と言われています。
では、賃貸物件経営のプロや成功者たちが著述した本やセミナーの空室対策が、実際にはどうして効果を発揮しないのでしょうか。その意外な理由について、株式会社アクティスコーポレーションの代表取締役である舟山社長にお話をうかがいました。 …続きを読む

不動産投資・融資戦略を左右する担保力の意味

最終更新日:2017年09月28日

不動産投資・融資戦略を左右する担保力の意味

不動産投資の戦略を立てる上で、物件の「担保力」という言葉はよく使われます。プロパーローンの融資審査では、オーナーの資力、物件の収益力、物件の担保力が重視されるといわれていますが、その中でも「担保力」は直感的にイメージしづらく、投資戦略を立てる時点で軽視されがちです。
今回のインタビューでは弊社のコンサルタントであり、多くの投資家様と物件に携わってきた当社の舟山が、「担保力」の実態についてお話します。

…続きを読む

不動産投資の出口戦略が「失敗」する理由

最終更新日:2017年09月28日

不動産投資の出口戦略が「失敗」する理由

不動産投資においては「どんな物件を購入するのか」という入口と、「運用中の物件をいつ売却するのか」という出口が存在します。所有物件は最適な時期に売却できなければ、投資収益も最大化できないからです。
ところが、「不動産投資とは物件運用でキャッシュフローを得ることだ」と誤解している個人投資家も少なくありません。
そこで今回は、弊社アセットマネジメントコンサルタントの稲垣孝則が物件の売却、すなわち出口戦略がなぜ重要なのか、なぜ出口戦略に失敗してしまうのかを、日頃のコンサルティング経験に基づいて解説します…続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加