ASSET MANAGEMENT 資産設計コンサルティング 初回相談を大切に、クライアントとの距離を縮めるコンサルテーションを。

資産を増やしていくまでの「道筋」を描く

私たちに相談に来られるクライアントには、資産規模をいつまでにどれくらい増やしたいという方や、所有不動産の相続対策等の課題が明確な方もいらっしゃれば、将来的に老後が何となく不安で、今よりも資産を増やさなければ・・・という漠然とした思いの方もいらっしゃいます。
初回のコンサルティング相談で重要になるのは、クライアントの「価値観」であり、それを共有して「目的」を明確化し、「目標設定」を行うことです。
そしてクライアント毎のそれぞれの状況から導き出される目標達成への「課題」を設定し、不動産という手段で資産を増やしていくまでの「道筋」を描くことです。
私たちは、クライアントと一緒になって、この先どうありたいかという未来を共有することから始めます。

「クライアントの理想」と「現状」のギャップをゼロに

クライアントの価値観や目的、目標によって、資産設計は大きく異なっていきます。
たとえば、定年まで企業勤めをしながら長期間で投資をする方法と、不動産投資を開始して7~8年で早期リタイアをする方法とでは物件選定、必要自己資本、投資規模、銀行選定、売却タイミング等全てに違いが出ます。
私たちはまず、クライアントのそれぞれの価値観や目的に対して、不動産投資のリスクの大きさや、現実としてできること、できないことを、分かりやすくお伝えします。
初回はクライアントの理想と現状のギャップを把握し、共有します。そして現実的にそのギャップを"ゼロ"にするプロセスを設計することが、不動産投資で成功するために、もっとも大切な事柄であると考えています。

資産設計コンサルティングの流れ

STEP 1 現状把握

  • 多角的なヒアリングによりクライアントの現状を把握。そして融資のキャパシティや金融機関との相性を予測。

STEP 2 目的・目標・リスク志向、価値観の共有

  • 目的、目標、リスク志向、価値観を確認。様々な質問から目標達成のための提供物件の"質"を高める。

STEP 3 ギャップ確認・目標設定

  • 現状と目標のギャップを確認し、資産拡大の目標規模の確認を共有。

STEP 4 課題設定

  • 目標を達成するための"物件タイプ"の設定及び共有。

STEP 5 物件リクエスト

  • 各ネットワーク(銀行・会計士・税理士・弁護士・各不動産会社・オーナーズクラブメンバー)にリクエスト拡散し、徹底的に情報を集めピンポイントでご紹介が可能。

STEP 6 照合確認

  • 集めた情報の「投資効率」「安全指標」「賃貸マーケット」を徹底的にリサーチし物件を厳選。そしてクライアントに合わせた解決策へのインパクトが強い"優良物件"のみご紹介。

STEP 7 不動産調査及び売買契約

  • 権利関係、各種法令、道路、上下水道、道路等の最終の不動産調査。
    ※不動産調査の段階で問題解決できない事象があれば契約を取りやめます

STEP 8 賃貸経営スタート(不動産経営代行)

  • 賃貸物件の効率経営代行を行い、キャッシュフローの最大化。
  • オーナーの目的、目標、問題を反映させて運用中や売却検討時にバリューアップを実現。
  • 不動産運用中間分析により適切な売却時を提案。
  • リスクを最小限に抑える不動産経営代行を行い、資産を益し、減らさないことで経済的豊かにすることに貢献します。

全5回の投資で1,200万円を1億6,000万円にする方法とは?!

資産設計シミュレーション

クライアント相談内容
  • 生活資金などの将来的な経済不安を解消したい。
  • 定年後、月額約45 万円のキャッシュフローを得るには、どのくらいの規模で不動産投資をすればよいだろう?
クライアントプロフィール

大手企業勤務34歳男性
家族構成 :家族4人(妻30歳・長男5歳・長女3歳)
世帯年収 :本人800万・妻76万(パート)
貯蓄額 :1,500万円
自宅購入 :本人30歳時に35年ローンでマンション購入済み(65歳完済予定)

GOAL

  • 個別相談お申込み
  • 売却査定お申込み
  • お問い合わせ・資料請求