FINANCE ALLIANGE 金融評価鑑定分析 メガバンクを始めとする30行以上の金融機関から、もっとも相応しく頼もしいパートナーを見つける。

「地道な調査の積み重ねにより金融機関の評価基準を把握

多くの場合、不動産投資は手元資金の5 〜10 倍の資金の融資を受けて行ないます。
そのために最も大切なことは、金融機関を味方につけて、きちんと融資が得られることです。
金融機関は、どこも同じようなサービスを提供しているため、外見からは違いを見極めることができません。
しかし、現実は、金融機関ごとに得意分野や不得意分野があり、社会情勢や景況感、役員人事、支店人事などにも大きく左右され、融資を受ける場合には、大きな差が生じるのです。
私たちは、30 行を超える提携金融機関が、投資家や投資物件に対してどのような「評価基準」を持っており、投資家の不動産投資に融資をするための「審査規定」がどのようなものかを把握しています。
不動産投資を提供する多くの会社は、銀行から融資が受けられたか受けられなかったのかという、結果しか、気にしません。
しかし私たちは「なぜ、金融機関の審査が通過する場合と通過しない場合があるのか」、この疑問に対して地道な調査の積み重ねがあります。
過去、審査が通らなかった原因を金融機関の担当者の方に、一つひとつ質問を投げかけ、金融機関ごとの細かな規準を独自の情報収集力で事細かに掌握することで、その情報を元にクライアントに一番ふさわしい金融機関で融資を受けるようにします。

地道な調査の積み重ねにより

OWNER’Sにアレンジを任せるメリット

  • 30行

    過去の取引実績によるデータ蓄積と常に最新の銀行人事を把握し、30行を超える提携金融機関が投資家に対してどのような「信用評価基準」を持っており、融資をするための「審査規定」がどのようなものかを把握しています。

  • 鑑定

    私たちは金融機関から融資を有利に引き出すために「賃貸経営鑑定分析書」を1つ1つていねいに時間をかけて作成しています。私たちの「鑑定書」は金融機関より厳しい「ストレス」をかけて財務分析、投資効率、安全指標、土地分析、建物分析、エリアマーケット分析を多方面から行うため、金融機関が「これなら安心して融資できる」と思われるような説得力のある分析書をご用意いたします。

  • 展開

    私たちは単に融資斡旋のみを行うのではなく、クライアントのご属性や目的、目標に照準を合わせた“ポートフォリオの組み立て方”を考え、“今しか付き合えない銀行”や今後の投資展開が有利に運ぶように、投資の“幅”が広がる、そのような将来につながるファイナンスアレンジを提供します。

説得力のある鑑定分析で金融機関を味方につける

私たちの賃貸経営鑑定分析という資料は、金融機関から高く評価されています。
通常、財務分析は、金融機関はどこでも細かく行ないます。
しかし、金融機関は不動産の専門家というわけではないので、銀行が融資を判断する際に重要な、投資対象となる物件の賃貸マーケットを正確に予測し見積もることができません。
銀行に対して単に受けの良い、飾られた鑑定分析ではなく、金融機関が、「これなら、安心して融資できる」と判断していただける、説得力のある鑑定分析を行なうことで、当社は金融機関から信頼される所以になっています。

  • 賃貸経営鑑定分析書
  • 賃貸経営鑑定分析書
  • 賃貸経営鑑定分析書
  • 賃貸経営鑑定分析書
  • 賃貸経営鑑定分析書
  • 賃貸経営鑑定分析書
  • 賃貸経営鑑定分析書
  • 賃貸経営鑑定分析書

賃貸経営鑑定分析書

  • 個別相談お申込み
  • 売却査定お申込み
  • お問い合わせ・資料請求